• 今月の実務の動き
    • 最新記事
    • バックナンバー
  • 税金の杜
    • 最新記事
    • バックナンバー
  • 社会保険ワンポイント
    • 最新記事
    • バックナンバー

ZEIKENPLUS 2012 Winter

月刊誌紹介

会社実務のホントのところがわかる スタッフアドバイザー

月刊「スタッフアドバイザー」
A4判 毎月1日発行
年間購読料 15,750円

「スタッフアドバイザー」は、実務担当者の視点に立ち、税務・労務・法務等について、法改正から身近なトラブルまで、多岐にわたる「実務」にこだわって解説した実務誌です。

○日々の業務に必要な事項は毎月掲載
「今月の経理の実務と来月の準備」は決算月別にその月に必要な申告納税等の実務を、「今月の総務の準備」は早めに準備ができるよう翌月の社会保険実務を中心に、毎月掲載。経理部門・総務部門の方のチェックリストとしてもお使いいただけます。
また、「実務家が知っておきたい法令・通達情報等」では、税務・労務の分野を中心に法改正の動向や興味深い公表資料などを紹介。震災関連の救済策や助成金情報等もここに随時掲載しています。

○BCP(事業継続計画)等、いざという時に使える情報も
平成23年は震災に加え、台風など自然災害に悩まされた年でした。被害に遭われた皆様には改めてお見舞い申し上げます。弊誌でも震災関連の記事をいくつか掲載してきましたが、8月号、9月号では「震災危機管理シリーズ」と題し、今回の震災後に注目されたBCPについて、運用の具体例や専門家の対談から帰宅困難者問題まで大きく取り上げました。さらに、7月号および11・12月号では震災後の雇用維持等も含めた助成金の特集を掲載しています。今後も、復興過程で発生した雇用問題などを掲載して行く予定です。
また、10月号では連載「人事制度の“今”を探る」で雇用促進税制の活用に必要なハローワーク等での手続きを詳解。税務だけではなく、関連する周辺業務について幅広くとり上げています。

税務・経理・会計実務をサポート 月刊「税務QA」

月刊「税務QA」
A4変形 毎月5日発行
年間購読料 12,600円

「税務QA」は、ほぼ全編Q&A形式とし、実務上重要な事例から初心者向けの基本的な事項まで、幅広い内容をとり上げています。
「税務通信」では、税制改正に関するニュースや国税当局の動向、資料等を毎週確実に仕入れていただき、「税務QA」では、実務家による事例解説を毎月じっくりお読みください。

「特集」で最近の動きを確認
巻頭の特集では、「新しい税制の導入」「税制改正」「決算・申告実務対応」など、さまざまなテーマをとり上げます。1月号より、次のテーマを予定しています。
■1月号 平成23年分「役員」のための所得税の確定申告チェックポイント
■2月号 税務処理の是否認に係る事例の検討
■3月号 平成24年3月決算 申告実務のポイント
 
「セレクションQ&A」――実務上難解な税務処理や取扱いをピックアップ
第一線の執筆陣が、実務上重要で汎用性の高い事例をとり上げます。法人税を中心に、所得税、消費税、相続税等を、一問一答形式で解説します。

「まとめてFAQ」――すぐに役立つ実務の知識を税目別にワンポイント解説
税目別〔法人税・消費税・源泉所得税・所得税・相続税・地方税〕の短いQ&Aを積み重ねて、改正点や実務に関わる取扱いをやさしく解説します。
その他、税務訴訟の判例を明快に解説する「税金裁判の動向」、企業における税務・会計・会社法などの実務上の取扱いを基礎から丁寧に解説する「企業実務Q&A」など、連載も充実しています。

ZEIKEN PLUS 2012 Winter TOPへ戻る