• 今月の実務の動き
    • 最新記事
    • バックナンバー
  • 税金の杜
    • 最新記事
    • バックナンバー
  • 社会保険ワンポイント
    • 最新記事
    • バックナンバー
  • ZEIKEN PLUS(紙版)
    • 最新号
    • バックナンバー
  • 各誌の読みどころ
    • 税務通信
    • 経営財務

ZEIKENPLUS 2013 Summer

月刊誌紹介

税務・経理・会計実務をサポート 「税務QA」


月刊税務QAA4判変型 毎月5日発行
年間購読料 12,600円(税込)

★最近の好評連載
◆税金裁判の動向
税務訴訟の判決と考え方は、税務調査など実務の場に活かせるものが少なくありません。気鋭の税法研究者が、最近の判例をわかりやすく解説します。
最近では、「神奈川県臨時特例企業税の適法性(最高裁判決)」「契約書の記載と売上の帰属」を取り上げました。
◆企業実務Q&A
税務・会計などの実務上の取扱いを、「新人経理マンとベテラン実務家との質疑応答」形式で基礎から丁寧に解説します。
4~5月号では、「中小優遇税制が適用される法人」について解説しています。
◆固定資産の会計
固定資産に係る会計の基本的・実務的な事項を、近年の税制・国際会計基準の流れを織り込みながら解説します。
現在は、「固定資産の使用・経過に係る会計」を取り上げています。
◆中小企業会計指針の基本知識
中小企業の実態に即した新たな中小企業の会計処理のあり方をとりまとめた「中小企業の会計に関する基本要領」について、項目ごとに詳細に解説しています。

 最近の好評記事
◆特集…税務・会計に関する最近の動き、実務上注意すべきポイント等を解説。
・法人税基本通達・措置法通達改正のポイント…貸倒引当金制度等の改正ポイントを解説。
・平成25年3月決算申告実務のポイント…申告に関する改正点と留意点を解説。
・「取引相場のない株式等」の事業承継対策(前・後編)…評価引下げの方法を検討。
◆セレクションQ&A…実務上重要で汎用性の高い事例をピックアップ。
「第二会社方式の活用と税務上の留意点」「不良債権の回収差益に係る税務上の取扱い」「太陽光発電装置の耐用年数」「小規模宅地に係る特例等の改正と有効利用」など。
◆まとめてFAQ…改正点や実務に係る取扱いを短い事例でやさしく解説。
〔法人税〕貸倒引当金の改正・平成25年度税制改正について
〔消費税〕税率改訂と経過措置
他にも、所得税・相続税など各税目の解説で好評。

★今後の注目記事
 今後は、「国税通則法の要点」「中小企業の経営者にアドバイスするためのICT活用法」などの新連載を予定しています。

月刊「税務QA」の詳細はこちら(税務研究会のサイトへ移動します)

ZEIKEN PLUS 2013 Summer TOPへ戻る